用法用量を知ろう|中用量ピルとしてもっとも有名なのはプラノバールです
白い錠剤

用法用量を知ろう

カプセルと錠剤

ここからは一般的なプラノバールの主な用法用量についての解説をしていきたいと思います。
プラノバールを使っていこうと考えている人は必ず頭に入れておいてください。

まずどのような用途によってプラノバールを飲むのかでも用法用量は変化します。
たとえば機能性子宮出血をなんとかしたいと思った際には、1日1錠を7日間から10日間連続して飲むようにしていきます。
そして月経困難症や卵巣機能不全などの場合は、1日1錠を月経周期の第5日から3週間に渡り連続で飲み続けていきます。
ざっくりとした日数になっているのはその人によって適切な日数があるからです。
なので必ず病院で診断してもらってからプラノバールを使うようにしましょう。

そして実際に口にする際には、コップ1杯程度の水もしくはぬるま湯を一緒に飲むようにしてください。
万が一指示されている量よりも多く飲むようなことがあれば副作用が出てくるおそれがあります。
プラノバールを使ったときに体調不良を強く感じたら、必ず病院へ行くようにしてください。
またプラノバールを長期間ずっと使い続ける人は、半年ごとに婦人科的検査をしなければいけません。

ちなみにプラノバールを飲み忘れるようなことがあった場合どうすればいいのか?
その際にはすぐに1回分の服用をしてほしいと思います。
もし飲む時間が身近に迫っている場合は、忘れた1回分を飛ばして通常通りの時間にプラノバールを飲むようにしましょう。

ちなみにプラノバールの飲み方として、他にも「ヤッペ法」と呼ばれる方法があります。
これについてはもうひとつの記事で紹介しておきましょう。