白い錠剤

ホルモン薬といえば

黄色の薬

代表的な女性ホルモンの薬といったら、現在では主に「プラノバール」と呼ばれる薬が有名だといえます。
プラノバールは黄体ホルモンや卵胞ホルモンが混合されたものになり、これらのホルモンを補充することによってホルモンバランスが取れるようになるわけです。

ではどんなときにプラノバールがよく使われるのか?
基本的には月経困難症だったり、月経前緊張症や生理不順などの治療として使用されています。
生理を遅らせたり、逆に早めたりといったときにはとても便利です。
もしも女性ホルモンが不足してしまったり、ホルモンバランスが崩れてしまったら、プラノバールを積極的に使っていきましょう。

そしてプラノバールはいわゆるピルと呼ばれる薬になります。
一般的にピルといえば低用量ピルに分類されるものが多いですが、プラノバールに関してはその薬に含まれている卵胞ホルモンの量から「中用量ピル」になります。
ちなみに商品名は「プラノバール配合錠」として世の中に出回っています。
中用量ピルであるプラノバールは、低用量ピルと比べてとにかく飲み忘れによる避妊の失敗を防ぎやすくなっています。
さらに中用量ピルの場合は病院から処方される上で保険が適用されるところも大きな特徴です。
つまりプラノバールを処方してもらう際には、実際にかかってくる費用を節約することができます。
これは大変ありがたいことだといえるでしょう。
その代わり中用量ピルは強力な分副作用も起こりやすいので、どうしても副作用に対する不安がある場合はしっかり医師と相談してから手に入れるようにしてください。

カプセルと錠剤

用法用量を知ろう

実際にプラノバールを飲むために覚えておかなければいけない用法用量についての話をしていきます。実はその人によってさまざまな飲み方があるので、ここでは一般的な飲み方の例を挙げていきたいと思います。